NEXT STAGE

PR動画はこちらから

製作委員会第14回公演

「すべてイーロンのせい」

2024年3月28日〜31日@アトリエファンファーレ高円寺

28日 19:00   

29日19:00   

30日14:00 18:00   

31日13:00 17:00

作・演出 小谷陽子(製作委員会)

舞台監督 川瀬誠

照明 ナグラドウチエ

音響 葵能人(ノアノオモチャバコ)

配信 企画室創希

宣伝美術 ABECO studio

出演者(50音順)
江戸小染小野哲平川渕嘉那木村もえ(おしばいかむぱにゐ)、酒本大(お茶か炭酸水)、佐藤宏枝(P.M.9production)、柴田恵子松崎眞二

あらすじ
2022年10月27日、イーロン・マスクがツィッター 社の買収を完了。
これにより、ツィッター の「全アカウント認証化」が方針として打ち出される。イーロンが目指すのは「認証化による全てのスパムアカウントの撲滅」。
これを聞いて都内のとある業者の事務所ではメールオペレーターたちが悲鳴をあげる。
「匿名性がなくなったら誰もツィッターなんか使わないよ!」というメルオペを含む全ての裏アカたちの怒号など関係なしに、イーロンは着々と全アカウント認証化の準備を進める構えを見せる。
そんな中、今日もメールオペレーターの研修で妙齢の新人がやってくる。
完全出来高制のメルオペバイト、事務所に住み込む打ち子たちの馴れ合いと孤独の物語。

※この物語はフィクションです。登場する団体・人物・名称・制度は架空であり、実在のものとは関係ありません。

入場料:前売4500円 当日5000円

配信チケット 2500円(ご購入の際に手数料100円がかかります)

登場人物(人物名50音順)

唐谷・・小野哲平 メルオペ歴半年ほど。もともとは会社勤め。高齢の父親と暮らす

貴船・・江戸小染 店長。メルオペ、もとい打ち子のアポの詳細をキャストに繋げる。元々は打ち子をやっていたが独立。

剣持・・木村もえ 妙齢の新人。年齢のためなかなか仕事も決まらずここに来る前までは1ヶ月ほどネカフェを転々としていた。

澤北・・酒本大 練馬に部屋はあるもののなんだかんだで事務所に入りびたる。メルオペ歴は2ヶ月ほど

高橋・・松崎眞二 ここでのメルオペ歴は10ヶ月ほどだが他店での経験者。事務所住み

南條・・柴田恵子 メルオペ歴3年ほど。めちゃくちゃ本数取るわけじゃないけど月末にはきっちり店の平均本数超えてくる堅実派。事務所住み。

前村・・佐藤宏枝 メルオペ歴1年。ここ何年か旦那のモラハラが鼻につくと感じる主婦。

矢野・・川渕嘉那 メルオペ歴3ヶ月。ツィッターの募集でやってきた。しっかりしてるとこもあるけど思わぬところで影響されやすい。事務所住み。

出演者紹介

江戸小染 1996年より演劇サークル夢さしのに所属し、「見果てぬ夢」「蠅取り紙」「ら抜きの殺意」「まほうつかいのでし」ほか多数の舞台に出演。2012年より音楽劇団 熊谷組に所属し、新作オペラ「我らが時代」「母岸回帰」「老楽童子」「不生不滅」「機織り 浜下り 花折り」「同床異夢/同床同夢」「わが宿り」「東海道五十三次」などに出演。近年は歌、朗読、映画など活動の場を拡げている。

小野哲平 太田プロダクション所属。大学入学と同時に学生劇団に入団し芝居を始める。歌舞伎役者八代目中村芝翫(当時中村橋之助)の付き人を経て、北区つかこうへい劇団に18期生として入団。劇団解散後、オーディションを経て現事務所に所属。直近の出演作は第一回「神谷町小歌舞伎」、Yプロジェクト「三代目湯之介3」など。

川渕嘉那 北海道出身。2021年に上京、株式会社グランツに所属し活動を始める。2023年11月末に退所しフリーに。直近の出演作「冷やし中華ラプソディ♩」@新宿Q、CMロート製薬「ハレス」

木村もえ 山形県出身、現在は長きにわたり埼玉県在住。40代で演劇の世界へ。埼玉県の市民劇団で15年活動後、フリーの役者になる。今は「をしばいかむぱにゐ」所属、今秋に公演予定。直近の出演は製作委員会「メイン通りの妖怪」他に年2回、3回、地元地域で朗読会や朗読ボランティアを開催。

酒本大 2013年に初舞台。役者として舞台や映像作品に出演YouTubeでお茶か炭酸水として自主制作作品等をアップしています。直近の舞台は渋谷伝承ホールで公演した三代目湯之助。

佐藤宏枝 大阪府出身。結婚を機に関東に転居。その後演劇活動開始。瀬川塾10期生。映像がメインだったが、10年前から舞台にも出演するように。現在はP.M.9productionに所属。直近の出演作は「おばドルゆみこ2024」「メイン通りの妖怪」

柴田恵子 プロの劇作家の元に師事し朗読の世界に入る民話劇場や保育園巡演などの舞台に出演所属事務所にて朗読専任講師となり朗読教室の運営に携わる2010年に明治座アートクリエイトにて演劇の基礎を再度学び直し、卒業後フリーに現在は茨城県にて「声だし体操」を中心とした朗読教室を開講中又、舞台役者としても若者からシニアまでいろいろな方々との出逢いを楽しんでいます。製作委員会さんともオーディションをきっかけに、いままでにない新しい可能性を引き出して頂いています。頑張ろっと‼️

松崎眞二 松崎眞二1988年10月18日生まれ福岡県出身。2007年高校の頃に観ていた様々な映画やTVドラマの影響を受けて役者を目指し、卒業後、福岡スクールオブミュージック専門学校へ入学し、役者の勉強を始める。 2009年2年間在学した専門学校を卒業後、福岡の芸能事務所に入ってレッスンを受けながら、上京するための軍資金集めのためバイトをし、その間、キャラクターショーのスーツアクターの仕事を経験する。 2012年東京での役者活動を行うため上京する。 2024年事務所を転々としながら、舞台や映像の仕事をし、現在に至る。仕事や用事以外で外に出る事がほとんどなく、休みの時は基本的に、趣味であるゲームで遊んだり、特撮作品を観たりして過ごしています。最近では、フィギュア撮影にはまっており、撮った写真を趣味用のインスタに載せたりしています。




佐藤宏枝

大阪府出身。結婚を機に関東に転居。学生時代にやっていた演劇を中年になってまたやりたい!と血迷い、活動開始。現在はP.M.9productionに所属。直近の出演作は劇団やりたかった「今度はもう少しましに生まれてきます」@下北沢劇小劇場



木村もえ

若かりし20代、短大卒業後、新劇の劇団員として、本公演や旅公演に。30歳目前で辞め、家庭に入る。50代になり、人からの強い勧めがあり、重い腰を上げる。テアトルアカデミーで3本、シニア劇団で2本の舞台。現在フリー。WSにて勉強中。直近の出演作はシニア劇団「怪談牡丹灯篭」@上野ストアハウス、WS公演オリジナルミュージカル「どこも英雄と祖父とダンス」@ライブQ

木村もえ

山形県出身、現在埼玉県在住。
地元の市民劇団にて芝居を始める。その後フリーでの演劇活動を経て、現在「をしばいかむぱにゐ」に所属。

Leave a Comment

CAPTCHA